東大寺

 

東大寺(とうだいじ)は、奈良県奈良市雑司町にある華厳宗大本山の仏教寺院である。現別当(住職)は219世・上野道善。 金光明四天王護国之寺(こんこうみょうしてんのうごこくのてら)ともいい、奈良時代(8世紀)に聖武天皇が国力を尽くして建立した寺である。「奈良の大仏」として知られる盧舎那仏(るしゃなぶつ)を本尊とし、開山(初代別当)は良弁僧正(ろうべんそうじょう)である。 奈良時代には中心堂宇の大仏殿(金堂)のほか、東西2つの七重塔(推定高さ約100メートル)を含む大伽藍が整備されたが、中世以降、2度の兵火で多くの建物を焼失した。現存する大仏は、台座などの一部に当初の部分を残すのみであり、現存する大仏殿は江戸時代、18世紀初頭の再建で、創建当時の堂に比べ、間口が3分の2に縮小されている。「大仏さん」の寺として、古代から現代に至るまで広い信仰を集め、日本の文化に多大な影響を与えてきた寺院であり、聖武天皇が当時の日本の60余か国に建立させた国分寺の中心をなす「総国分寺」と位置づけられた。 東大寺は1998年に古都奈良の文化財の一部として、ユネスコより世界遺産に登録されている。

 

古都奈良の文化財

古都奈良の文化財(ことならのぶんかざい)は、奈良県奈良市地域に存在する寺院等の総称。1998年12月2日京都市で開催されたユネスコ世界遺産委員会で日本で9件目の世界遺産(文化遺産)として登録された。

Categories

?
●ホーム
知床
白神山地
●日光の社寺 
日光東照宮  日光二荒山神社  輪王寺
●白川郷・五箇山の合掌造り集落 
白川郷  五箇山
●法隆寺地域の仏教建造物 
法隆寺  法起寺
姫路城
●古都京都の文化財 
賀茂別雷神社  賀茂御祖神社  東寺  清水寺  延暦寺  醍醐寺  仁和寺  宇治上神社  平等院  高山寺  西芳寺  天龍寺  鹿苑寺  慈照寺  龍安寺  西本願寺  二条城
●古都奈良の文化財 
東大寺  興福寺  春日大社  元興寺  薬師寺  唐招提寺  平城宮  春日山原始林
●紀伊山地の霊場と参詣道 
吉野山  吉野水分神社  金峯神社  金峯山寺  吉水神社  大峯山寺  熊野本宮大社  熊野速玉大社  熊野那智大社  青岸渡寺  那智滝  那智原始林  補陀洛山寺  金剛峯寺  金剛三昧院  慈尊院  丹生都比売神社  丹生官省符神社  玉置神社  熊野川  小辺路  大辺路  七里御浜  花窟神社  高野山町石道
原爆ドーム
厳島神社
石見銀山
屋久島
●琉球王国のグスク及び関連遺産群 
勝連城  今帰仁城  座喜味城  中城城  首里城  識名園  斎場御嶽